タグ: 栄養

甘酒は飲む点滴

甘酒に含まれる栄養素は、その20%以上が脳の

エネルギーとなるブドウ糖であり、さらに、人が生きて

いくために必要なビタミンも多く含まれています。

 

また、原料である米に含まれるタンパク質が、

酵素によって必須アミノ酸に分解されるため、

甘酒にはアミノ酸も多く含まれています。 

 

そのため、甘酒は、天然のブドウ糖、ビタミン、

必須アミノ酸が豊富に含まれる、栄養の宝庫と言えます。

 

病院で行われる点滴の多くは、ブドウ糖溶液、ビタミン溶液、

アミノ酸溶液を補給するものなので、同様の栄養を含む

甘酒は、「飲む点滴」とも言われています。

 

甘酒は総合ビタミンドリンク

甘酒にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、

イノシトール、ビオチン等、が豊富に含まれています。

 
ビタミンB群の中でも、ビタミンB2は

不足している人が多いと言われています。

 
ビタミンB群は、何十種類ものビタミンBの

集合体ですが、すべてのビタミンBが

そろって初めて、その力を発揮します。

 
そのため、ビタミンB群がすべて含まれる甘酒を

飲むことで、効率良く摂取することができます。

 
また、甘酒に含まれるのは天然型ビタミンであるため、

化学合成で作られたサプリメントとは比較にならない程、

吸収率が非常に高いとされています。

 
甘酒は、天然の総合ビタミンドリンクとも

言えるかもしれません。
 

甘酒の有効成分

甘酒は栄養価が高く、健康効果のある

様々な有効成分が含まれています。

 

コウジ酸 

→ 強力な抗酸化作用とメラニン抑制効果があり、

  美白効果が期待できます。

   
  (関連記事:甘酒で美肌

 

アルブチン、フェルラ酸 

→ コウジ酸と同様に、強力な抗酸化作用、美白効果があり、

  がん細胞ができるのを防ぐ効果もあります。

 

アスペラチン 

→ 免疫力を高め、がんの増殖を抑制する効果があり、

  抗ガン成分として注目されています。

 

オリザシスタチン

→ お米由来の成分で、ウイルスの増殖を

  防ぐ効果があります。

 

ペプチド

→ 血管を拡張させて血行を促す効果があり、

  血圧の上昇を抑える効果もあります。 また、

  血栓ができるのを防ぐ効果や、糖尿病の

  予防効果も大きいとされています。