アーカイブ: 2012年6月19日

甘酒で美肌

甘酒には美白効果があり、甘酒を飲み続けることで

美肌になれると言われています。

 

まず、甘酒に含まれるビタミンB2、B6には、

保湿効果があり、肌にハリが出ます。

 

さらに、甘酒の原料である麹には、コウジ酸が

含まれており、これが、シミ、そばかすの原因となる

メラニン色素を抑制してくれます。

 

そのため、麹屋やお酒の醸造をされている方は、

ご高齢でもシミ一つない、きれいな手を

されている方が多いそうです。

 

また、コウジ酸を約18カ月間塗ることで、88%の人の

シミがある程度薄くなった、という実験結果もあるようです。

 

甘酒を日常生活に取り入れて、美肌を目指してみて下さい。

 

甘酒のカロリー

お米と麹から作られた甘酒は、

100gで80kcal前後だと言われています。

 

ただし、市販の甘酒や酒粕を使った甘酒では、

砂糖が加えられている場合もあるので、

もっとカロリーは高いでしょう。

 

また、甘酒はブドウ糖が多く含まれているため、

飲んだ後すぐに血糖値が上昇し、その結果、

少量でも満腹感を得られやすいという特徴があります。

 

そのため、ダイエットをしている方は特に、食べすぎ防止や、

間食の代わりとしても、甘酒は効果的です。

 

  (関連記事:甘酒ダイエット

 

 

甘酒ダイエット

甘酒は栄養バランスが良く、満腹感が得られやすい

ことから、ダイエットに適した飲み物と言えます。

 

食事の前に1杯の甘酒を飲むだけで、自然に食事の量を

減らすことができ、カロリーを抑えることができます。

 

さらに、朝食を甘酒に置き換えれば、

よりダイエット効果は高まるでしょう。

 

そして、甘酒にはリパーゼという脂肪分解酵素が

含まれており、脂肪を分解してエネルギーに変えてくれます。

 

また、月桂冠が行った実験では、甘酒には肥満防止効果がある

という研究報告がなされています。

 

  (関連記事: 肥満防止に

 

そのため、甘酒を飲めば、脂肪を分解する力が活性化され、

痩せやすい体質へと変化させることができるでしょう。

 

ただし、市販の甘酒には砂糖が添加されたものもあるので、

ダイエットが目的なら、砂糖不使用のものを選びましょう。

 

« 過去の記事