タグ: 貴族

貴族から庶民へ

平安時代では、甘酒は貴族の飲み物として、

真夏に冷やして飲まれていたようです。

 

中国の醸(れい)というお酒が持ち込またことで、

貴族の間でお酒を飲む習慣が浸透し、様々な種類の

お酒が飲まれるようになったとされています。

 

また、室町時代になると、一般でもお酒が売られるようになり、

庶民の間でもお酒が飲まれるようになりました。

 

しかし、当時のお酒は、主に麹の糖化によって作られた

甘いお酒で、今日の日本酒とは異なるものだったそうです。

 

この甘いお酒が進化し、アルコールを含まない、

現在のような甘酒になったと言われています。