タグ: 大寒

夏の風物詩から冬の飲み物に

江戸時代になると、様々なものを売る行商が盛んとなり、

甘酒売りが登場するようになりました。

 

当時は、夏の風物詩として、夏バテ防止に甘酒が飲まれており、

「お金持ちは鰻、庶民は甘酒」が夏の定番だったようです。

 

  (関連記事:夏バテ防止に甘酒!?

 

現在でも、俳句では甘酒が夏の季語となっています。 

 

その後、甘酒は体を温めるため、大寒ごろの

寒い冬に飲まれるようになりました。

 

また、冬は酒粕が最も多く出回る季節であるため、

酒粕を使った甘酒が冬によく飲まれるようになった、

という説もあるようです。

 

 

大寒は甘酒の日

現在日本では、その年の大寒を、「甘酒の日」

として制定しています。

 

日本の伝統的な飲み物であり、発酵食品である

甘酒の良さ、美味しさを多くの人に知ってもらいたいと、

森永製菓株式会社によって制定されました。 

 

甘酒は体を温めるために、大寒の頃に最も多く

飲まれることから、大寒を「甘酒の日」に選んだそうです。